2018年3月31日土曜日

【機材紹介】いつの間にあったフィルムカメラ CONTAX 167MTについて

またもコンタックス絡みのねたをひとつ。


【マニアックカメラ】ヤシコンって知ってる?? え、、またオールドレンズを?? 

この記事に書いたとおり、いつの間にか手元にあるフィルムカメラ【CONTAX 167MT】確認してみるとかなりの美品でした。
これはもう、フイルムをはじめたいと思っていたこの私としては使うしかない!

まずは何も知らないので、この【CONTAX 167MT】についてをイロイロと調べてみました。



・CONTAX 167MT ってどんなカメラ?

ヤシカを買収した京セラが1987年(昭和62年)に発売したカメラです。
対応するレンズを使えば、プログラムAE、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアルとデジタル一眼レフを使う人でも違和感なく使える機能を持つカメラ。
1987年~1997年までと10年間も販売されていた機種のようです。

※プログラムAE、シャッタースピード優先AEが使えると書きましたが私の持っているレンズたちは旧いタイプなので、絞り優先かマニュアルでしか使えません。
絞り優先AEが使えれば十分なので文句はないです。

ヤシコンのカメラとレンズの適合性なんてどこにも需要がないと話と思われるので細かく書きません。この辺の詳細が知りたい方、連絡ください。



そして、今のデジタル一眼レフには普通に搭載されている露出ブラケットの機能(露出を変えた写真を3枚連続で撮る機能)を世界で一番最初に搭載したカメラとのこと!すげ~!!
でも、フィルム代も現像代もお金のかかるこの時代には非常に贅沢な機能(笑)

■詳細スペック

シャッター:         電子式縦走行式メタルフォーカルプレーン
シャッタースピード: 16~1/4000秒・B
ファインダー:        視野率 95%  倍率 0.82倍
露出制御:           プログラム、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル
外形寸法:           149W×91.5H×51.5Dmm 重量 620g
電源:               単四電池X4本
ボディ価格:         108,000円('87年)

87年当時で10万以上するカメラなんですね。やっぱりカメラって高級品。

1987年(昭和62年)といえば、ワンレンボディコン、NTT株上場、光ゲンジ大人気!
そんな時期なはず。バブル経済まっさかり?
photo by Andrea Cirillo
ちなみに同年発売されているキヤノンの最初のEFマウントのオートフォーカス機 EOS650が80,000円。
167MTはオートフォーカス機のEOS650より2万以上も高い。
当時CONTAXってやっぱり高級ブランドだったのでしょうか?


・CONTAX 167MTのデザイン


チョーかっこいいです!!

いや、そうじゃなくて、、


ヤシカ・コンタックスの一眼レフカメラはポルシェデザインの作品。

男の憧れポルシェデザイン!ポルシェデザインのIWCの時計ほしかったな。




・CONTAX 167MTの操作周り

京セラという電子機器メーカが作ったカメラだからか?80年代後半という電子機器の発展著しい時期のせいなのか?ちょっと操作系統が変です。

撮り終わったフィルムの巻き戻しが軍艦部右肩のシャッターボタンの下にあるスライドスイッチで行います。
何でこんな場所のスイッチで巻き上げるんだよ。

フィルム感度の変更も左肩のボタンを押しながら、右肩のスライドで変えたりします。
操作系は直感的なユーザーインターフェイスとはいえないような気がする。
ダイアルのほうがぜんぜんわかりやすいよな。

・CONTAX 167MTのファインダーとシャッター音

操作系はおいといて、五感の部分はすばらしいです。

ファインダーがクリアで見やすいです。MFカメラなのでファインダーの見え方はかなり大事。
マニュアルでピントを合わせる感覚ってなんとも面白い!
絞り値やシャッタースピード画表示される液晶はファインダーの上にあり便利です。現代的なカメラ!

シャッター音&巻き上げ音も『シャキーン!!!』と甲高い乾いたイイ音でやる気が出ます。

・フィルムを入れてみよう

後ろの蓋を開けて、
フィルムの先を右に差し込むだけです。
後は蓋を閉めて、シャッターを切ると勝手に巻き上げてフィルムカウンターが00になります。後は撮影するだけ!

・絞り優先での撮影

上にも書いたとおり私の手持ちのレンズでは絞り優先か、マニュアル露出でしか撮影ができません。
人間露出計にまったく自信がないので絞り優先で。

レンズの絞り値がボディの液晶/ファインダ内の液晶に反映され、絞り値に適したSSをカメラが決めてくれちゃいます。
ピントを合わせてシャッターを押すだけ!巻き上げもすべてオートです。

・撮影結果は!

まだ、現像から上がってきてない。
ということで、撮影画像はまた別途とさせていただきます!

・一応のまとめ

カラーネガで2本ほど撮ってきています。
デジタルカメラで撮り散らかすのとは違い、一枚一枚丁寧に構図を決めてとるの非常に面白いです。

現像から上がってきてら早速のネタにします!

フィルムカメラ初心者がCONTAXとPlanar 50㎜ f1.4でフィルムデビューってのも生意気な気もします。
でもデジタルカメラからはじめた私としては大きな迷いなく使えるカメラ。


今、CONTAX Ariaが大人気ですよね。

アマゾンでもボディだけで5万から8万

銀座の中古カメラ市でも CONTAX Aria と Planar 50㎜ f1.4 のセットで11万という売り物があるほどの意味不明な相場高騰。

167MTはAriaと比べても機能的に劣るところはないかと思います。(Ariaは評価測光ができるんだっけか??)
フィルムを始めたい方!
そして、標準レンズの帝王:CONTAXのPlanar 50㎜ f1.4をフィルムで使ってみたい方!


Ariaより10年前に発売されたカメラですが、167MT はボディのみなら1万円を切るものがたくさんあると思います。
ほかにも137MAとかも安く手に入ると思います。
RXやRTSもかっこいいよ~。

Ariaのボディに6~7万とか出すならその分安いボディにして、フィルム代・現像代にまわそうよ~!!

コンタックス仲間大募集。ヤシコンを一晩中語ろうよ!



カメラランキング
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年3月26日月曜日

【雑記】写真のボケって。ボケ~~~!!!!

※今日は本当に独り言です。

先日インスタグラムに以下のような写真をポストしました。

そのポストに海外のかたからこんなコメントいただきました。

『BOKEHHHHH!!!』

これそのまま読むと

『ボケ~~~~~!!!』

いきなり関西弁で強めに罵倒されたのかと思ったのですが、うしろに『Good photo』とついています。
あれ??けなされたのにすぐにほめられてる~。

なんじゃろう???


・『BOKEHHHHH!!!』ちょいと調べてみたよ!

『bokeh』は写真でいうボケをあらわす世界的に通じる言葉なようです!ボケは写真の重要な表現の一つですよね。後ろボケとか前ボケとか玉ボケとか、、、
ボケの大きな写真を求めてセンサーの大きなカメラを買ったり、明るいレンズを買ったりする事も普通の行動だと思っています。



もともと欧米では絞り込んで全体にくっきりとピンのきている写真が好まれていたようです。
それが、近年に日本で好まれているこのようなボケの表現が見直されるようになり「bokeh」という言葉が日本から輸出されたようですね。

『boke』だとボークになっちゃうから後ろにHつくのかな。
Hね、、、うんうん、、Hはいい、、


・『out of focus』

ピンボケに関しては『out of focus』という言葉が使われています。
 
名著です!
ロバート・キャパの有名な著書「ちょっとピンぼけ」、原題は「slightly out of focus」。


この『out of focus』は意図したところにピントが合ってない状況(ピンボケ)をあらわす言葉でちょっとマイナスの意味のある言葉なんでしょう。

ノルマンディ上陸作戦の有名な写真。
銃弾の飛び交う戦場の恐怖で手振れしたというこの命がけの写真を「ちょっとピンボケ」と表現したのってすごい。おしゃれな女流エッセイかと思ったよ。。。。

でも実際は「ちょっと手振れ」でしょうね。手振れも被写体ぶれもみんな『out of focus』と表現するのかな???

手ブレ&被写体ブレ…だけどちょっと好き
こんなのも『out of focus』ですかね?

・最近「bokeh」が海外でも好まれてきてるみたい!

絞り込んで全体にピンのあった写真も好きです。
50.0 mm f/1.4のレンズでF8まで絞って


ボケ量の多い写真も好きです。
90mmマクロの絞り開放



クロスフィルター&玉ボケ

ボケのある写真が外人さんにもウケるようになってきた。写真の価値観が変わってきているてことでしょう。

インターネットの普及で多様な写真表現が簡単に国境を越えるからなんでしょう。
いろんな人のいろんな写真を見て価値観を共有していけるのっておもしろい!

ということで、
このBOKEHHHHH~~~~!!!


キャパの写真集でも見直してみようかな。
てか、学習漫画キャパの伝記なんてのあんのか。


カメラランキング
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月20日火曜日

【ノウハウ】オールドレンズを使ってみよう! NIKON D750編

こんばんは。

オールドレンズで遊んでますか?!遊ばれてますか?

俺、、、遊ばれてもいい…。

ちがう!


以前、Nikonのオールドレンズ【AI Nikkor 28mm f/2.8】を富士のミラーレスカメラで使用する方法を記載しました。
【ノウハウ】富士フィルムのミラーレスでのオールドレンズの使い方
ニコンの一眼レフカメラは構造上他社のオールドレンズを使うのには適していません。
ニコンはフランジバックが長いのです。

フランジバックの説明は以下の記事の中に
【雑記】ニコンのフルサイズミラーレスは『Zマウント』?ニコンのフルサイズミラーレスに望むこと!

フランジバックの短いキヤノンだとM42のレンズつけたりもできるんですけどね。
無理矢理マウント合わせてニコンに付けると近距離しかピントが合わなくなっちゃいます。

しかし!!我らが大ニコン様!!他社のオールドレンズを使わなくとも、ニコンFマウントのレンズだけで十分に遊べちゃうほどレンズの種類が豊富です。

今回はこのオールドレンズをD750で使う方法についてを簡単に書いていこうと思います。

※あくまでもD750で使う方法です。他のカメラ(特にD5500、D3300等のエントリー機種)は勝手が違います。
※ただのカメラオタクが書いているだけですので誤り等ある可能性があります。
自己責任でお願いします。


・Nikon D750(他のフルサイズでも)で使えるMFレンズ

NikonのFマウントレンズには長大な歴史がありMFレンズだけでも物凄くたくさんの種類があります。
この中でD750で使用できるマニュアルレンズはレンズの名前に【Ai】のつくものです。

Ai Nikkor 28mm F2.8
Ai Nikkor 35mm F1.4S
Ai Nikkor 50mm F1.2S
Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8
Ai Noct Nikkor 58mm F1.2S

このように名前にAiのついている、1977年以降に発売になった【Ai】【Ai-S】レンズは使えます。
ボディ内の露出計も使用でき絞り優先AEも使用可能です。勿論マニュアルフォーカスです!

【Ai AF】【AF-S】等のAFのつくオートフォーカスレンズは基本全部使えます!以下参照してください。
【ノウハウ】Nikonの一眼レフでのレンズの選び方の基礎 AF編

※1977年以前発売の【New Nikkor】【NIKKOR Auto】等の非Aiレンズは物理的に取付できません。
古いレンズをNikonでAi改造しているモノもあるし、いまだに改造を受け付けている業者もあるので、装着可能なレンズもありますが、普通の人だと見分けるのは難しいです。
慣れてきてから自己責任でチャレンジしてください。

基本的にはカニ爪がついていて、カニ爪に豚の鼻みたいな穴の開いているものが【Ai】レンズです。
爪に穴開いてる!

※豆知識的なヤツ
ニコンのフルサイズ一眼レフで【New Nikkor】【NIKKOR Auto】等の非Aiレンズを使いたい場合はNIKON Dfを買いましょう。
説明すると長いんでやめるけど、Dfなら構造的に取り付け可能です。

また、ニコンのDX機D3000シリーズ、D5000シリーズも、非Aiレンズの取り付けが可能です。D7000シリーズはダメ!
ただ、つくだけでボディ内の露出計は使えませんのでAモードでの撮影はできません。
自分で絞りとシャッタースピードをコントロールするMモードでの撮影になります。

・レンズ情報を登録

焦点距離と、開放の絞り値を登録することで絞り優先AEが使えます。
【AI Nikkor 28mm f/2.8】を装着しますので、焦点距離28mm、開放絞り値2.8で登録します。
これで、レンズの絞り環を回すとボディ側の絞り値も連動します!



・フォーカスモードをAにして撮影だ!

レンズできめた絞り値を認識し、それに合わせてシャッタースピードも変わるので、ピント以外はいつもの感覚で使用可能です。測光もマルチパターン測光でもスポット測光でも大丈夫!

もちろんフォーカスモードをMにしても撮影できます!


・AI Nikkor 28mm f/2.8の作例とか


開放f2.8で。光がにじむ。。。相変わらず自転車好き(笑)


ちょっと絞ってF4で。まだ緩いけど28mmって画角は使いやすい!

次は、Ai Nikkor 35mm F1.4Sとか、Ai Nikkor 50mm F1.2Sとか使ってみたいな。
50㎜F1.2なんて今のNIKONにないレンズ、、、震える!!


オールドレンズ関連の書籍もたくさん売られています。
この辺読むともう欲しくてしょうがなくなるよ。。。

オールドの毒は思いのほか早く体に回ってきます!
もう息もできません。皆さん体にお気をつけて。

カメラランキング
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月15日木曜日

【撮影スポット】浅草寺 撮影記録 Nikon D750 編

こんばんは。

レンズ買いあさってるだけで写真とてないように見えるのでたまには撮影している感じも出さないと(笑)

ちょっと前に浅草寺 撮影記録 富士のミラーレス編を書きました。
【撮影スポット】浅草寺を撮り歩いてみました 富士フイルム X-E2編
今回はNIKON D750での撮影記録を!
本当に夜の浅草寺が赤く照らされるの大好きなんです。

AI AF Nikkor 50mm f/1.4Dで撮影

富士のミラーレスは標準キットレンズでの撮影でしたが、D750は広角&魚眼&50mm単焦点での撮影です。

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMでの撮影

借り物のSIGMAの広角レンズで。フルサイズで12mmからの広角ってものすごい事です。

魚眼では撮れないこの写真。パースを思いっきりつけて見上げます。

どう!この大迫力!!
提灯の迫力とその向こうの仲見世の感じ!いいわ~。
この画角は手放せないよな~~。

15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEでの撮影

僕の愛する魚眼レンズ。ビバ・魚眼!

宝蔵門とスカイツリー

低い位置から水平に本堂を。
水平を出せば広角レンズっぽく撮れます。
単焦点なので広角ズームより切れ味のいい写真になるね!

本堂の賽銭箱の後ろあたりから宝蔵門方面を。
少々、海外フォトグラファーのような色味で現像を。
かなり絞り込んだので派手に光芒が出ています。


常香炉の中から本堂を狙ってみた。
ちょっと珍しい構図になったかな~と。

AI AF Nikkor 50mm f/1.4Dでの撮影

ニコンの単焦点での撮影。

上と魚眼の写真と同じ常香炉から本堂を見た図です。
先程より2歩ほど下がってますが、こうも違う写真が撮れるとは。

こちらは五重塔をF8まで絞って。
絞るとかなりくっきりなレンズです。

最後はホッピー通りの写真をHDR合成してみちゃった。



・まとめ
いや~、まとめるほどの事もないですね。
浅草はいつ行っても絵になる!

次回はスカイツリーまで歩こう!


カメラランキング
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加




2018年3月12日月曜日

【雑記】1923年製のライカのカメラが240万ユーロ(約3億1500万円))で落札だって!!!

こんばんは。

ニュース見てたらこんな記事が!!!

ドイツの超老舗カメラブランド「ライカ(Leica)」のカメラ、1923年製のカメラが
アジア人のコレクターによって240万ユーロで落札されたとのこと。
奥様!3億1500万円ですって。
大変お安くていらっしゃいますわね。オホホホホ~~。

記事では以下のようになってます。

 落札されたのは0型ライカ(ヌル・ライカ)と呼ばれる機種のシリアルナンバー122で、
1925年にライカが量産体制に入る2年前につくられた25台の1台。
最低落札価格は40万ユーロ(約5300万円)に設定されていたが、新品同様の品に激しい入札合戦となった。

とのこと!

・ヌル・ライカ(0Leica )は今の写真の礎を作ったカメラ

今回落札された「ヌル・ライカ」の前にライカが試作した「ウル・ライカ」というカメラがあるんですが
こちらはライカ社に保管されている1台だけしか現存しない本当の文化遺産。

ライカ社がヌル・ライカを作る際にフィルムの大きさを決めます。
当時の映画用35mmフィルムの2コマ分を1枚の写真に使うときめたものが今も引き継がれています。これがこのフィルムの一枚に使われる写真のフィルムの大きさ。

フィルムといえば皆さんの思い出すこの35mmフィルム。
このサイズをライカが決めたわけです。


そしてこのフィルムと同じ大きさのセンサーを持っているのがフルサイズデジタルカメラ
35mmフィルムを『ライカ判』ともよびます。その大きさと同じとセンサーがフルサイズ。
ドイツの一企業であるライカが勝手に決めた規格に後続のカメラメーカーが乗っかっただけ。それがいまだに続いてるんですね。

・レンズは固定式

「ヌル・ライカ」、ぱっと見はバルナックライカにエルマーでもつけたような見た目に見えますが、レンズ交換できません。
ライツ・アナスチグマット50mmF3.5というレンズがついていますが、交換レンズという概念はありません。

photo by Sebastien Wiertz

所謂、バルナックライカ。
ビューファインダーとレンジファインダー以外はデザイン的にほとんど変わんない

このあと10年後の1930年レンズ交換可能なライカC型が発売になり、いまだに世界中で愛され模倣され続けるライカの歴史が始まるわけですね。


・カメラの歴史って面白い!

私は、カメラオタクですが、手に入れた機材は使いたいんです。
収集癖もあるけど写真も撮りたい。
あんまり高価なカメラを手に入れることはできないので、心置きなく使えるんですが・・・

購入された方はさすがに3億以上のカメラで写真は撮らないでしょうね。
でも、このカメラで撮られた写真をこの目で見てみたいな~。
オタクとしては歴史のあるカメラにも大変な興味があります
そして!今回落札されたものと同じ"ヌル・ライカ"の1台は、東京・半蔵門の日本カメラ博物館にも収蔵されてるらしい!!!!!

だれか一緒に行こうぜ!!!


カメラランキング
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加